自転車に乗る事

自転車に乗る事

腰部脊柱管狭窄症は、先天性の要因を除いては主に高齢者に発症する病気で、歩くと腰や脚に痛みや痺れなどの症状が現れます。

高齢者に多い事から老化現象の一つだして放置されることが多いのですが、自転車に乗ってみると、腰部脊柱管狭窄症であるか否かの判別をつけることができます。

腰部脊柱管狭窄症である場合には、自転車に乗り前傾姿勢になると痛みが緩和されるのです。

腰部脊柱管狭窄症は、老化によって脊椎も変性し、骨が細くなってしまったり、削れたり、あるいは厚肥するなどの変化を生じます。

この骨の変形により、脊椎の中心にあり、神経の通り道となっている脊柱管が狭くなってしまい、中の神経が圧迫を受けてしまうのです。

主に痛みの原因は、脊柱管に隙間がなくなってしまうことが原因となのですが、この脊柱管の隙間は身体を前屈することで自ら作ることができます。

人は直立状態では、背骨に少し湾曲がありますが、これを前方向に曲げることで、背骨は真っ直ぐとなり、脊柱管に隙間を作ることが出来るのです。

自転車に乗ると症状が和らぐ理由は、骨盤が前方に移動することで、脊柱管に隙間が出来るため、痛みが解消されるためなのです。

このような特性を知っていれば、腰痛や下肢に痺れが出た時に、自転車に乗っ時、また腰を曲げた時に痛みの状態が緩和されるか否かで、腰部脊柱管狭窄症か別の病気かという自分なりの判断をつけることができます。

しかし、これはあくまでも目安であり、きちっとした判断は医者に委ねて下さい。

腰部脊柱管狭窄症の症状を改善するには、体をどんどん動かし、筋肉や腱を強化していくことが重要です。
安静にしているだけでは、筋肉や腱の衰えが進行し、症状悪化につながります。

高齢者といわれる年代になれば、外出を嫌がる方もいらっしゃいますが、近回りなどを歩いて散歩する、また自転車で買い物に行くなど、自分で可能な範囲で積極的に体を動かしてみましょう。

自転車に乗ることは、リハビリとしてもとても良い方法なので、是非試してみて下さい