脊柱管狭窄症の原因と症状

脊柱管狭窄症の原因と症状

脊柱管狭窄症は主に加齢が原因で、脊椎骨や椎間板、黄色じん帯が変性・変形して、脊椎にある神経の通る空間が狭くなって発症するものです。

症状の最も大きな特徴としては間欠性跛行があげられます。
これは、ずっと歩いたり、長く立っていたりすると、下肢に痛みや痺れが現れ、歩く事も立っていることもできなくなります。

しかし、少ししゃがんで休憩を取ると、痺れと痛みは急速におさまるので、また歩けるようになります。
悪化するにつれ歩行可能距離は短くなります。

閉塞性動脈硬化症でも同じ間欠性跛行が起こりますが、この疾患は下肢の動脈が詰まったり細くなったりするために、下肢に十分な酸素供給ができなくなり間欠性跛行が生じるもので、血液が原因の疾患です。

症状がよく似ているため、診断には注意が必要となります。

脊柱管狭窄症のその他の特徴としては、重症化すると排尿や排便の調節がきかなくなったり、足関節の力がなくなったりすることがあります。
これは、脊柱管の中を通る馬尾神経が圧迫されるために発症するものです。

馬尾神経は脊髄神経の下端から伸びている神経の束で、中に腸や膀胱の働きに関係する神経があり、その神経が障害を受けることで、排泄障害が起こります。
異常な勃起や会陰部のほてりが起きることもあります。

馬尾神経が障害を受けると、両足にビリビリと強い痺れや麻痺がでることが多く、歩行困難も生じてきます。

馬尾型の脊柱管狭窄症も保存的治療で軽快することが多いのですが、神経症状が顕著になり、日常の生活に支障をきたすようになった場合には手術を必要とすることもあります。

中高年以降に多く発症し、年齢とともに頻度は高くなっていきます。  

脊柱管狭窄症には、背骨から出て行く神経の根元(神経根)が圧迫される「神経根型」がありますが、この場合には圧迫されている側の足だけにしびれ痛みがでることが多く「馬尾型」ほど症状は重くありません。

脊柱管狭窄症の原因は加齢によるものが多く、「仕方がない」のですが、日常での姿勢や生活習慣、栄養のバランスなどを見直すことで、進行を遅らせることは十分可能です。

早期発見・早期治療が重要な疾患ですので、「仕方なし」とせず、症状が気になる場合には、まずは整形外科を受診する事が重要です。