脊柱管狭窄症、手術の必要性は?

脊柱管狭窄症、手術の必要性は?

脊柱管狭窄症は、脊椎にある脊柱管という神経の束が通っている空間が、主に加齢によって狭窄され、神経が圧迫を受けることで症状が発症します。

一般的には神経障害の症状が出て、日常の生活が極めて困難となった場合に手術をすることが検討されます。

症状が出る原因は、神経への圧迫により血流が悪くなってしまうため、酸素や栄養が不足しがちになり、神経が障害を受けるようになるからです。

脊柱管狭窄症では、障害された神経の働きが悪くなり、徐々に他の部位への影響が現れてくるため、この状態が長期化することは絶対に避けなくてはなりません。

脊柱管狭窄症が50代から多いのは、前述のように身体の老化が進んできたことが主な原因ですが、他にも食生活や悪い生活習慣なども要因となる事があり、30代でも脊柱管狭窄症と診断されることもあります。

脊柱管狭窄症は軽い症状の場合には、物理療法や薬物処方、神経ブロックなどで痛みを緩和することができるので、痛みがある程度なくなったら運動療法で腰椎周辺の多く負担がかかる部位の筋肉を鍛えて、かかる負荷を軽減していきます。

一方、脊柱管狭窄症を悪化させてしまうと、神経障害が酷くなり筋力が低下してしまい、歩くことが困難になる、脊柱管狭窄症特有の、所謂「間欠跛行」の症状が現れてきます。

さらに、会陰部のほてり、排尿、排便の異常などといった神経症状が出た場合はもはや脊柱管狭窄症のひどいレベルです。

このような場合には、日常生活が困難になってきますので手術が必要になる場合もあります。

脊柱管狭窄症は、治療に時間のかかるケースが多く、仕事にも支障をきたす恐れがあります。
早めの治療が肝心なのです。

また、栄養のバランスの良い食生活をする事、自分に合った適度な運動をする事などは意識して継続していかなければ、治療の意味も半減してしまいます。