脊柱管狭窄症の治療

脊柱管狭窄症の治療

脊柱管狭窄症の治療には様々な方法がありますが、症状が軽く日常生活にさほど支障がない場合は、薬の服用やコルセットの装着、牽引や運動といった保存療法で対処します。

しかし症状が悪化した場合には手術をすることにもなります。

先ずは鎮痛剤や筋弛緩剤、あるいは血流を良くする薬を服用して症状を緩和します。
しかし薬物での治療には限界があり、症状が進むと効果が発揮されなくなります。

痛みが軽減されない場合には、患部である神経やその周囲へ直接局所麻酔やステロイド剤を注射して、脳に痛みが伝達されることをブロックします。

この注射にしても一時的な効果しか得ることができず、注射自体がかなり痛いという欠点もありますが、2~3回と行なっているうちに痛みがなくなる場合もあります。

脊柱管狭窄症では、身体を後屈することで痛みが増強するので、コルセットを装着して腰の伸展を制限し、神経への刺激を軽減し痛みを抑えます。
しかし、コルセットを長期間使用していると筋力が低下してしまうデメリットもあります。

最も有効なのが、腰椎に関連する筋肉を鍛えて、自前のコルセットを作り上げる事です。
痛みがある間は運動をすることは避けなければなりませんが、薬物などで痛みが緩和されてきたら、腰痛体操やストレッチなどで筋肉を強固にしていきましょう。

筋肉強化で、脊柱管狭窄症を完治することはできませんが、症状の緩和や手術後の再発防止にはとても効果があります。

脊柱管狭窄症は高齢者に多い疾患で、ハードな筋トレなどは無理ですから、先ずは腰痛体操やできる範囲でのストレッチ運動を行ないます。

運動療法は腰回りの筋肉を鍛え、腰椎の安定性も増す効果があり、ストレッチや体操で柔軟性を取り戻すというのも非常に重要です。

運動療法は自宅でもできますが、最初はやはり専門家の指導に従って正しい方法を身につけることが必要です。

また、普段運動不足の人が無理に運動しようとすると、脊柱管狭窄症が余計に悪化してしまうという可能性がありますから、あくまで軽い運動から始めるようにしましょう。