脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニアとの違いは

脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニアとの違いは

腰椎疾患の代表的なものとして、椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症があげられます。
この2つの疾患は、どちらも神経根や馬尾神経を圧迫することによって痛みを生じるもので、症状も腰痛、下肢の痺れといったよく似た症状を呈します。

この2つの疾患の違いは何でしょうか。

椎間板ヘルニアとは骨と骨との間にある軟骨性クッション・椎間板が、加齢や常にかかる負荷により損傷し、靱帯を破って脱出して急性腰痛を発症、さらに神経を圧迫して下肢の痛み、しびれなどを引き起こす病気です。

腰をかがめ、重い物を持ち上げた時になどに発症しやすく、最初に腰にぎくっと痛み感じてから次第に腰痛や下肢痛など激痛が襲ってきます。

女性よりも男性の方が発症率が多く、運動量が多い20代から40代の人に多いと言われています。

これに対して、脊柱管狭窄症は、先天的に神経の通り道である脊柱管が狭く、そのまま成長した場合や、加齢による
・関節の変形肥大
・椎間板が脊柱管内へ膨隆
・骨の内側の靱帯の肥厚
などが重なり脊柱管の中が徐々に狭くなり続け、神経を圧迫するようになることで腰痛や下肢痛、しびれなどを出す病気です。

脊柱管狭窄症は椎間板ヘルニアのように急激な激痛を伴って発症することはなく、症状が悪くなったり、良くなったりを繰り返しながら、次第に悪化していきます。
加齢による変性が原因であるために、高齢者に多い疾患となっています。

また、椎間板ヘルニアが慢性化して、椎間板やヘルニアが固くなり、ヘルニアでありながら脊柱管狭窄症と似た症状を示す場合や、椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症を併発している場合もあります。
どちらも神経を圧迫していることには違いはありませんので、判断は難しいものとなります。

椎間板ヘルニアも脊柱管狭窄症もそれぞれの典型的な画像所見や症状であるのなら診断に混乱は生じないのですが、椎間板ヘルニアと狭窄症が合併している場合などは、医師によっては、判断が異なる場合もあります。

患者自身も自分で症状を細かに把握し、詳しく医師に説明する必要があります。