加齢が原因であることが多い脊柱管狭窄症

加齢が原因であることが多い脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症は椎間板ヘルニアとともに腰痛の二大疾病の一つですが、ヘルニアと異なり加齢とともに症状を訴える人が増加し、症状も進行する傾向があります。

脊柱管狭窄症には「腰、お尻から膝にかけて体の後ろ側に痛みやしびれがある」という症状や「しばらく立っていたり歩いていると、脚に鉛が入ったように重だるくなり、時には痛くなる」といった特徴的な症状があります。

歩くうちに症状が強くなり、脚を前に出せず動けなくなりますが、しゃがんで少し休むと楽になってまた歩けるようになる「間欠跛行」という症状も大きな特徴の一つです。

脊柱管の後方を構成する関節やそれを支える靭帯は加齢により変性・肥厚します。
また前方を構成する椎間板も変性に因り水分が少なくなり厚さが薄くなり突出してきます。この結果、脊柱管を通っている馬尾神経や神経根(坐骨神経の根本)が慢性的に圧迫を受けて腰部や下肢に痛みが出てくるようになるのです。

初期治療は姿勢や日常生活の指導および神経に効く薬を使用します。
温熱療法や運動療法、コルセット療法、神経ブロックも有効です。

しかし、加齢とともに症状は悪化してくる事が多く、日常の生活が困難になった場合には、腰の後ろ側から圧迫を取る手術を行うことになります。
手術の成績はおおむね良好という結果が出ていますが、痺れの症状はなかなか取り去る事が困難で、また再発する可能性もある事は理解しておく必要があります。

*馬尾神経とは
腰椎の椎体の後ろには脊柱管があり、この中を脊髄という神経が通っています。
腰椎部では第一腰椎から下では脊髄は馬尾神経になります。
馬尾神経とはその形態が文字通り馬の尾のようになっているからです。