老化による脊柱管狭窄症

老化による脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症は骨の老化や靭帯の骨棘化によって、神経の通る管(脊柱管)が狭くなり、神経を圧迫することで起こる病気です。
腰痛のほかに「歩いたり、立ったりすると痛みやしびれを生じる」という特徴的な症状が現れます。

脊柱管狭窄症の原因はほとんどが老化によるもので、お年寄りに多く見られます。
また、若いころから腰に負担がかかる職業に携わってきた人や、逆にあまり運動をせず筋肉を使わないでいたため筋力が低下している人がなりやすいという傾向にあります。

老化が原因で起こるのは、老化によって脊柱(背骨)の椎間板の水分が少なくなり厚みが薄くなり、椎骨同士が直接ぶつかり合って変形します。
変形した椎骨が、神経の通る空間=脊柱管のほうへ突出して、中を通っている神経を圧迫します。

また、脊柱管には神経の他に血管も通っています。
この血管の血液によって神経へ酸素と栄養が供給されていますが、脊柱管が狭くなって神経と血管が圧迫されることにより、脚の運動に関わる神経に十分な血液が回らなくなり「脚のしびれや重さ」という症状が出てくるようになります。

日常生活で心がけることは、後屈の姿勢は神経をより圧迫するので避けるようにして、少し前屈みの姿勢になることをお勧めします。