腰椎すべり症と脊柱管狭窄症

腰椎すべり症と脊柱管狭窄症

慢性的な腰椎すべり症によって、脊柱管狭窄症に発展してしまうこともあります。
これは、スポーツなどが原因で起こる「分離すべり症」よりも、加齢による骨の変性で起こる「変性すべり症」の場合に多く発症します。

腰椎すべり症で前方への”すべり”が定着してしまった場合、全体的にゆるいS字カーブを描いている背骨の一部が「前方突出」の状態となり、脊髄中枢神経の通り道にあたる「脊柱管」が狭くなります。

脊髄中枢神経は脊柱管の中に髄液と共に存在しており、身体を動かした時に脊髄中枢神経が圧迫、接触しやすくなってしまい、ビリビリ感じる神経痛を起こすようになります。

前方への”すべり”による脊柱管狭窄症は、特に背筋を伸ばしたり、上半身を後ろに反らせると、神経を圧迫しやすくなり痛みが出るのですが、逆に少し前かがみの姿勢でいると、痛みが緩和されます。

背筋をまっすぐに伸ばそうとした時、ビリビリくるしびれを感じたら脊柱管狭窄症の疑いがあります。

しかし、脊柱管狭窄症が疑われたとしてもあまり必要以上に怖がることはありません。
脊柱管狭窄症は歩行困難や、排泄障害がある重症の場合には手術が必要となりますが、それ以外では保存治療で対処されます。

腰椎変性すべり症は、加齢による骨や靭帯、筋肉の変性に因るところが多く、腹筋・背筋の強化によって症状はある程度緩和されます。

加齢は避けることができませんが、適度な運動や栄養バランスのとれた食生活などで、ある程度加齢の進行は遅らせることはできます。

脊柱管狭窄の要因となる、腰椎の変性によるすべり症を防ぐためにも、継続的に運動を行い、意識して日常生活を見直すことが大切となります。