脊柱管狭窄症の治療方法、専門医選び

脊柱管狭窄症の治療方法、専門医選び

脊柱管狭窄症は高齢者に多くみられる病態で、重症化すると排泄困難や歩行困難を伴い、日常生活が難しくなってしまいます。

高齢の方の手術はなるべく避けたいもので、手術をしないでの治療をするための病院選びには十分な検討が必要です。

先ずは病院での詳しい検査が必要ですから、整形外科を受診することになります。
脊柱管狭窄症であるという事がはっきりと診断された場合、そのまま病院で治療を受けることになりますが、患者さんによっては病院よりも民間療法を選ぶ方もいらっしゃいます。

脊柱管狭窄症というのはその症状によって対処法というのも変わってきます。
症状が軽いというようであればその痛みを和らげるような分野の専門医ということになりますので、民間療法で治療を行う事は可能です。
例えば鍼灸、整骨、カイロプラクティックなどでの治療というのが効果的な場合があります。

しかしこのような手技による治療は、脊柱管狭窄症についての知識もさることながら、技術の優れている施術者でなければなりません。

国家資格を持たないでも行える施術もある事から、その施術者がどの程度の技術を持っているかは、なかなかわかりにくいことがあります。Cv

多くの治療院では問題ないと思われますが、中にはあまり知識を持たないで行なっている人もいますので、その治療院の評判などを経験者に訊いてみるなどして、充分納得することが重要です。

できれば治療に加えて、正しい姿勢についてのアドバイスや、正しい運動の仕方なども指導してくれるような所が良いと思います。

症状が進行してしまい重篤な状態にまでなってしまっているのであれば、手術の事も考えて病院・整形外科が専門医ということになります。

整形外科の場合もやはり民間治療と同様に、脊柱管狭窄症についての十分な手術の経験を持っている医師がいる病院を探すのが重要です。

現在では、多くの病院ではホームページなどで詳しく紹介していますので、参考にすると良いですね。
勿論、経験者からの情報を得ることも重要です。