腰部脊柱管狭窄症、痛みの緩和には薬物療法が一般的

腰部脊柱管狭窄症、痛みの緩和には薬物療法が一般的

高齢者が腰痛を訴えた場合、X線検査、CT検査、MRI検査などが行われ、腰部脊柱管狭窄症と診断されることが多くあります。

腰部脊柱管狭窄症と診断された場合、排尿排便障害や歩行困難などがある重症でないかぎりは手術をしないで保存療法で治療を行います。

生まれつき脊柱管が狭く発症してしまった場合は、年齢が若いうちに発症するケースが多く、この場合は手術に至る事があります。

腰部脊柱管狭窄症の保存療法は、内服薬や塗り薬、張り薬などの薬物治療、マッサージやホットパックなどの理学療法、コルセットをつける装具療法、ストレッチ、体操などの運動療法となります。

また、痛みがなかなか緩和されない場合、患部に麻酔薬を注射し、痛みを遮断する為に、神経ブロックなどの治療方法があります。

腰部脊柱管狭窄症と診断された場合、西洋医学ではまず薬物療法から始められます。
痛の原因は、神経の圧迫によって血液の循環が悪くなり、痛みとなって現れることにあります。

血流を増加させる薬を服用して、まずは痛みを和らげて行きます。
薬物治療には副作用というリスクがありますので、必ず医師が処方した通りの用法・用量を守って服用しなければなりません。

アレルギーなどがある方は事前に申し出ておきましょう。
また、異常を感じた場合には医師に申し出て、適切な処置をとってもらうようにしましょう。

西洋医学では痛みを緩和するための治療には、薬物の服用は当然のこととなります。
どうしても副作用が気になる方は、医師に漢方薬の処方を相談してみて下さい。

薬である程度痛みが軽くなると、理学療法・運動療法での治療が始められます。
痛いからといって動かないでいると、悪化してしまうのが腰部脊柱管狭窄症の特徴で、できるだけ前屈みの姿勢を心がけたり、腹筋と背筋を鍛えて背骨をしっかりと支えることができるようにします。

運動療法が最もリスクが少なく、症状の改善に一番効果の高い治療法だと言われていますが、痛みがある時に腹筋や背筋を鍛えるといった運動はしてはいけません。
簡単な体操や、ウォーキングで体を動かすようにしましょう。