できれば脊柱管狭窄症で薬物治療は行なわない

できれば脊柱管狭窄症で薬物治療は行なわない

脊柱管狭窄症の治療方法では薬物療法は一時的な効果が高い事も多くて、一見非常に大きなメリットがあるようにも見えます。正しく利用できればそれに間違いはないのですが、依存などになってしまうと逆に大きなデメリットをもたらしてしまうこともあると言えます。また薬物療法では根本的な解決にならないことも多くあり、それによって痛みが長期化してしまうこともあるので大きな注意が必要と言えるでしょう。しっかりと薬物療法と向き合うことができない場合、例として正常な判断ができない心理状態であったり、個人で勝手に利用するような環境である時にはデメリットは自然と大きくなってしまいます。

脊柱管狭窄症には運動療法などの効果的なものもあります。長期的に見ていくとそれらを組み合わせていくことが一番であり、薬物療法だけに頼るのはあまり良くないと言える場合が多いです。

内臓的な疾患から来ている痛みになってくるとまた話しは違ってきます。疾患を治す為に効果的な薬物療法をすることもあると言えるでしょう。