脊柱管狭窄症は他の疾患との判別が重要

脊柱管狭窄症は他の疾患との判別が重要

脊柱管狭窄の有無を調べるには、エックス線検査やMRI(磁気共鳴画像)検査を行い、その画像で判明しますが、画像所見のみで診断されるというわけではないのです。

脊柱管狭窄は加齢による脊椎や椎間板などが変性することで起こり、高齢者に多くみられます。
狭窄があれば必ず症状が出るとうわけではなく、症状が出ない場合には治療の必要はありません。

また、脊柱管狭窄特有の症状(間欠跛行など)があっても、それが本当に脊柱管狭窄が原因となっているものなのかは見極める必要があります。

高齢者には変形性膝関節症や閉塞性動脈硬化症など他の加齢性(変性)疾患も起こりやすくなるので、それらとの判別が必要となります。

取り分け脚の閉塞性動脈硬化症には、注意が必要となります。
閉塞性動脈硬化症と脊柱管狭窄症とは発生する頻度が高い年代が同じであり、どちらも間欠跛行の症状が現われてきます。

閉塞性動脈硬化症は原因が脊柱管狭窄症とは違い、骨格や筋肉に由来するものではなく、血管に由来するものです。
重症になると、足の切断という重い決断が必要となりますので、早期の発見が必要な疾患です。

脊柱管狭窄症と他の疾患との判別には、画像所見や現われている症状や身体所見でおこなわれます。
症状が誘発される動作や軽減される姿勢などを調べ、また、問診では間欠跛行の程度や、何らかの姿勢で休むと楽になるか否かなどを、患者さんに詳しく質問していきます。

さらに脊柱管狭窄症では治療の一つとして行われる「神経ブロック注射」を利用して確認することもあります。

「神経ブロック注射」は、神経根に麻酔注射をするもので、本来は痛みの治療として行なわれるものですが、障害されていると思われる神経根にブロック注射をした時に、一時的に痛みなどの症状が消失すれば、それは神経根の障害が痛みの原因と判断でき、脊柱管狭窄症であることがわかります。

 患者さんは症状が出た場合には、その状況をメモなどに残しておくと、医師の診断の際に大切な資料となります。