脊柱管狭窄症の手術と限界(リスク)

脊柱管狭窄症の手術と限界(リスク)

脊柱管狭窄症は高齢者に多くみられる疾患で、脊椎や椎間板、それを支える靭帯が、加齢により変性し発症するものです。

高齢者への手術はそれだけでもリスクを伴いますので、できれば手術は避ける方針で治療が進められます。
しかし、歩行や排泄に障害が起こり、日常の生活が困難になると手術が決断されます。

腰部脊柱管狭窄症では、手術によって改善されやすいものとされにくいものがあり、限界があります。
歩行する時や立ったときの姿勢などのよって生じる坐骨神経痛の痛みは改善されやすいといわれていますが、痺れ感は手術をしても残る事が多い症状で改善しにくいものです。

腰部脊柱管狭窄症の痛みの要因は、神経の通り道である脊柱管が前述のような原因で狭くなり、神経を圧迫するようになるためで、手術において改善されるのはその神経の圧迫による坐骨神経痛の症状です。

坐骨神経痛と共に腰痛や肩こりなどが起こっていた場合、原因が腰部脊柱管狭窄症であるのなら手術によって改善される可能性はありますが、腰痛や肩こりは殆どのケースで腰部脊柱管狭窄症が原因でありません。
その為手術では改善される可能性は低いのです。

腰部脊柱管狭窄症は背骨の手術だから危険と思われがちですが、現代の医療技術ではそのようなことは殆ど無く、腰椎の手術は内臓を切除する消化器系の手術に比べますと、身体への負担は比較的低いといえます。

しかしながら腰部脊柱管狭窄症の手術が100%安全であるとは言い切れず、手術後においても神経系の障害が現れるケースもあります。

「日常生活が困難で苦痛を感じているよりは手術を選択したい」という方は、医師を信頼し、手術をすることで何が改善され、またどのようなリスクがあるのかについて、医師に納得いくまで説明をしてもらい、深く理解し、検討することが必要です。