脊柱管狭窄症の治療にストレッチは効果が大きい

脊柱管狭窄症の治療にストレッチは効果が大きい

脊柱管狭窄症と診断された場合、重症でない限り保存療法で治療が進められます。
痛みを取るために鎮痛剤の服用をしますが、ある程度痛みが緩和されてきたら医師からは、正しい姿勢への改善やストレッチなどの指導をされるようになります。

脊柱管狭窄症にはストレッチはとても有効です。
継続して実践することによって、体のバランスがよくなり、異常な負荷のかかり方も改善されます。

また、ストレッチによって筋肉がほぐれ、血流が良くなることにより、患部に新鮮な酸素や栄養が運ばれるようになり、高い治療効果が期待出来ます。

脊柱管狭窄症は腰を反らすような動作は厳禁ですので、脊柱管狭窄症専用のストレッチは、決められた動作を繰り返すだけのシンプルなものが多いです。

また、脊柱管狭窄症の患者さんは、比較的高齢者が多いので、ストレッチの方法も穏やかなものが多くなっています。

脊柱管狭窄症対策としてのストレッチは、股関節の筋肉をほぐし、腰椎への負担を減らすものや、背中の筋肉をほぐして血行を高めるもの、腹筋や殿筋など腰椎屈筋のストレッチや、背筋、腸腰筋などの腰椎伸筋のストレッチなどがあります。

柔軟体操は、床に座る、椅子に座る、仰向けになる、うつ伏せになるなど色々な方法でできますが、やり方を間違うとかえって危険な場合があります。
最初は正しい方法を、医師や理学療法士に指導してもらい身につけることが重要です。

ストレッチは即効性のある方法ではないので、長続きしない事が多いのですが、途中でやめてしまうとそれまでやってきたことが無意味になってしまいます。

継続することでだんだんと効果があらわれるのがストレッチの特徴です。
医師や専門家とよく相談をしながら、意識して行っていくと良いでしょう。
また、簡単なラジオ体操などを組み入れて行う事も新陳代謝を促すことも効果があります。