肥満も原因となる「腰部脊柱管狭窄症」

肥満も原因となる「腰部脊柱管狭窄症」

腰部脊柱管狭窄症は、腰を前かがみの状態にすると症状が和らぐのですが、肥満状態の場合、お腹がせり出してくるため、その重さを支えるために体を反らす姿勢なってしまいます。
結果、腰椎のうしろ側が常に圧迫され、骨に無理な力が加わった状態になり、神経の血行状態が悪くなってしまいます。

また、体重増加が腰椎への負担を増やすことは確かで、肥満と腰部脊柱管狭窄症との関係を示した決定的な研究結果報告はまだありませんが、肥満の方は腰の痛みにも注意しなければなりません。

肥満の方はそれだけ腰にかかる圧力が大きくなり、神経が圧迫されやすくなりますので、肥満を解消することは神経の圧迫を和らげ、痛みをなくすことにつながります。

肥満を解消するためには、まずは、日常的な悪い生活習慣を正すことが大切です。
食事の面においては、食べすぎ、呑みすぎ、甘いものの摂り過ぎは禁物です。
肉料理が多いと感じるようであれば、徐々に野菜や魚を中心とした食事に変えるように心がけることも大切です。

次に運動の面においては、近年では車や電車・バスで移動することが殆どで、あまり歩くことが無くなってきています。

身体を動かしてエネルギーを消費しない事が肥満の大きな原因にもなっています。
ウォーキングなど簡単にできる運動で体を動かしてみて下さい。

ストレスなど心因性の原因で血行障害を起こすことがあり、この場合もまた腰部脊柱管狭窄症の大きな原因の一つになっています。

仕事のストレスや人間関係のストレスは、なかなか解消できにくい場合もありますが、ウォーキングや簡単なスポーツで汗をかく事で気分転換をすることで、ストレス解消につながる場合があります。

肥満を解消すると身体の調子はもちろん、骨格や筋肉の状態も変わってきますので、これだけでも腰部脊柱管狭窄症の症状を緩和するのに、とても大きな効果があると云えます。

睡眠時間を多く取ること、早寝・早起きの規則的な生活のペースを掴み、肥満を解消しながら治療にあたる事が、治療効果を高めることになります。

腰部脊柱管狭窄症は慢性化すると改善は困難で、重症化することが多い疾患です。
重篤になるとないうちに、出来るだけ早めの対応、治療が必要となってきます。