脊柱管狭窄症と肥満の関係

脊柱管狭窄症と肥満の関係

人の体は自然としっかりと衝撃に耐えられるような構造になっているものですが、何らかの影響によってこれが変ってしまうこともあります。脂肪が体にたまっていくことで骨などに大きな衝撃が加わるようになるでしょう。それによって骨が変形してしまうこともあります。また肥満などによって脊柱に余計な負担がかかってしまうこともあると言えるでしょう。贅肉などの余計な重さが思っている以上に大きな重さになってしまうこともあり、それによって、非常に体に影響が出てしまうこともあります。内臓などの疾患もそれによって起こる事もあると言えるでしょう。内蔵などを圧迫してしまえば、当然機能に支障が出てきてしまうこともあるでしょう。

骨などに影響が出てくるということはそれだけ神経などにも影響を及ぼす可能性があるということになります。自分で意識してダイエットなどができれば良いのですが、なかなかできないという人もいるでしょう。脊柱管狭窄症を防ぐ大きな予防策になります。