脊柱管狭窄症と腱反射は関係がある

脊柱管狭窄症と腱反射は関係がある

腱反射と脊柱管狭窄症の関係は大きなものがあります。脊柱管狭窄症では、腱反射が消失してしまこともあり、それによってテストをすることがあります。しかしこのテストは人によって結果が大きく変っていくこともあるので、必ずしも反射がなくなっていくとは限りません。

また反射がなくなっていくのは脊柱管狭窄症だけでなく、脊髄に何かしらの要素が有る場合にこのような症状が生まれてくる場合もあると言えるでしょう。腱反射があるのかないのかをしっかり見ていくことは素人では難しいことが多いです。しかし専門家などにお願いをすることによってしっかりと見ていくことができます。通常の人では見られる反射が見られなくなってしまうというのはそれだけ重要な要素を持ってきているということになるので決して無視することはできないことになります。

どの部位の反射が見られなくなったのかなどによっても変ってきます。注意深く観察しておくことが必要でしょう。