脊柱管狭窄症の新しい治療法「プラセンタ療法」

脊柱管狭窄症の新しい治療法「プラセンタ療法」

脊柱管狭窄症とは、脊髄神経や神経根の通り道である脊柱管が、加齢による変性などで狭くなる事で痛みや痺れの症状を発するものです。

先天的に狭窄の場合もありますが、多くが加齢に伴う椎間板や椎骨の変形や椎体のズレ(すべり症)が原因で発生します。

症状としては腰痛・足の痛み、シビレなどがありますが、馬尾神経が障害をうけている場合は症状が重くなり、歩行障害・排尿障害なども発症するようになります。

一般的には、手術による除圧(椎弓切除)もしくは椎体固定や麻酔科もしくは整形外科による神経ブロック注射がよく用いられます。

殆どの場合は保存療法で治療をするのですが、歩行障害・排尿障害などの神経症状がある場合は手術が有効です。

手術の予後はおおむね良好なのですが、中には、手術で「全く効果なかった」「逆にひどくなった」という患者さんがいらっしゃることも事実です。 

保存治療と手術の中間的位置に、ブロック注射があります。
保存療法で効果が出なかった場合、患部に直接、ステロイド剤や局所麻酔薬を注射する方法で、痛みの信号を脳に送る事をブロックします。

数回の注射で痛みがおさまる場合もありますが、多くの場合で一時的な鎮痛の効果しかありません。

最近プラセンタが腰痛(脊柱管狭窄症)に効果があるといわれています。

元来プラセンタ治療は、戦場で傷ついた兵士を少しでも早く治そうとして始まった治療法ですが、現在のプラセンタ製剤として広く用いられている事を考えれば、色々な方面に効果がある事は確かなようです。
  
脊椎管狭窄症の症状の方も歩行が困難なほど、症状は悪化していた状態から、プラセンタを試すごとに腰痛が徐々に回復し、脊椎管狭窄症の特徴的な症状である、間歇性跛行と呼ばれる歩行障害がプラセンタを利用することで、回復したという事例もあり、注目されています。

プラセンタの効果とは、細胞を活性化する作用です。つまり、傷んでいる組織を修復する働きがるということです。

また、血行を促進する作用があり、栄養が体内組織へ十分にいきわたり、組織の修復にも役立つ作用があります。

更には、自律神経であるとか、ホルモンを調整する作用もあるので、痛み部分の炎症を抑える作用があります。

プラセンタによるこれらの作用が、腰痛を解消させるカギでもありますが、 ただ…数年来の痛みは、そう簡単には取れません。
どの治療法も同じですが、ある程度根気よく続ける必要があります。