脊柱管狭窄症の検査と診断

脊柱管狭窄症の検査と診断

脊柱管狭窄症とよく似た症状が出る病気に「脚の閉塞性動脈硬化症」があり、見極めが重要となり、画像所見やその他も用いて判断します。

脊柱管の狭窄の有無は、エックス線検査やMRI(磁気共鳴画像)検査を行えば、画像で判明しますが、画像所見のみで診断されるということはありません。

狭窄の多くは加齢が原因となって起こっていることが多いのですが、狭窄があれば必ず症状が出ると言うわけではありません。

症状が無い場合には治療の必要はないのですが、症状があった場合、それが脊柱管狭窄によって起こっているものかどうかの見極めが必要になります。

脚の閉塞性動脈硬化症も高齢者に多く、発生する頻度が高い年代が脊柱管狭窄症と重なっており、どちらも間欠性跛行という症状が現われます。

脚の閉塞性動脈硬化症は足の血管の動脈硬化により血管が狭くなり、血流障害の為に歩行困難を起こし、ついには歩行不能となる病気です。

どちらが原因なのか、あるいは併発しているのかなど、慎重に判断しなければなりません。

他の病気との判別には、画像所見、症状や身体所見が重要となります。
症状が誘発される動作や軽減される姿勢などを調べます。

【「脊柱管狭窄症」と「脚の閉塞性動脈硬化症」との違い】

『「神経ブロック注射」で確認』
神経ブロックとは、本来は痛みの治療として行なわれるものですが、障害されていると思われる神経根にブロック注射をして、一時的に症状が消失すれば、その神経根の障害が痛みの原因であると判断され脊柱管狭窄症であると診断されます。

『血圧で確認』

腕と足首の血圧の差をみて、腕に比べ足首の血圧が低いときは、閉塞性動脈症が疑われます。

『間欠跛行における、休息時の痛みや痺れの状態』

脊柱管狭窄症は、休息時に身体を前屈することでしびれが改善されます。
閉塞性動脈硬化症は、身体の前屈では痛みやしびれなどの症状が改善されることはありません。

『歩ける距離』

脊柱管狭窄症の間欠跛行は跛行距離が一定していません。
動脈硬化症の間欠跛行は跛行距離がある程度一定しています。

『自転車』

脊柱管狭窄症では自転車に乗る事も出来ますし、前かがみの姿勢になるため、痛みや痺れが軽減され楽になります。
閉塞性動脈症の場合は、症状を自覚してから自転車に乗る事さえも困難になります。