脊柱管狭窄症での尿漏れ

脊柱管狭窄症での尿漏れ

脊柱管狭窄症では脊髄神経が強く圧迫されてしまったり、あるいは圧迫される部位によって排泄機能に大きな影響を及ぼしてしまうこともあります。こうなってくるとなかなか重度の症状と判断され日常生活に支障をきたしてしまうことも当然多くなります。

意図しない排泄や排尿が起こってしまうことも多くなり、かなり厳しい生活になってしまうこともあるでしょう。そのようになってしまう前に、しっかりと治療をしておきたいところですが、姿勢や生活習慣などによってそのような状態を防ぐことができなくなってしまうこともあります。

特に高齢者の場合にこのような症状まで進んでしまうことが多くなり、改善をするのにも時間が必要になってきます。

ただ、改善できないわけではなく、運動や機器を利用していくことで、生活を楽にしていくこともできれば、しっかりとコントロールできるようにすることもできるようになっています。そのため治療をあきらめる必要はないと言えるでしょう。