「ロコモティブシンドローム」の原因「腰部脊柱管狭窄症」

「ロコモティブシンドローム」の原因「腰部脊柱管狭窄症」

ロコモティブ シンドローム(運動器症候群)とは、「運動器の障害」により「要介護になる」リスクの高い状態になることです。
加齢や運動不足、体の機能の障害などが要因と考えられています。

「運動器」とは医学関係では人間の身体の首から下の内臓を除いた、「骨」「関節」「筋肉」「神経」など体の運動を司る部分をさします。
呼吸に関わる器官を「呼吸器」、消化に関わる器官を「消化器」というのと同様です。

「運動器」の障害は、我々の身体の動きを直接左右するものであり注意しなければなりません。
骨や関節の状態が良好で、尚且つ神経が正常に働く事で筋肉を動かし、身体を正しく動かすことができるのです。

ロコモティブ シンドローム(運動器症候群)には、膝の痛みの原因となる変形性膝関節症や、骨が弱くなる骨粗鬆症、坐骨神経痛の原因ともなる腰部脊柱管狭窄症、また骨折などもあり、良く耳にする症状やあまり知られていない病気まで色々です。

体を動かすために、運動器は相互に関連しながら働いていますので、運動器のどれか一つが障害を抱えると、歯車が狂う事になり体全体が正常に作動しないという事になります。

また、高齢者は転倒する危険性がある事なども要因となり、「ひきこもり」の状態になる人もいます。それが「要介護」や「寝たきりに繋がってきてしまうのです。
この連鎖は避けなければなりません。

腰やひざの痛み、加齢によるバランス能力や筋力の低下などの症状が現れた早い段階から「ロコモティブシンドローム」としてとらえ、対策を行うことが重要です。

また、近年メタボリックシンドロームという言葉を耳にしますが、これは内臓脂肪が蓄積して糖尿病や高血圧、動脈硬化などの病気につながる事をいいます。

自身の体重管理は、脊椎に負担をかけないためにも、そして「ロコモティブシンドローム」「メタボリックシンドローム」を防ぐためにも、とても必要なことと云えます。

【腰部脊柱管狭窄症】

腰部脊柱管狭窄症は要介護リスクの高い状態を示す「ロコモティブシンドローム」の原因となる疾患の一つです。

脊柱管が狭窄して、脊髄、馬尾神経、神経根を圧迫し障害を与える事が、ロコモティブシンドローム(ロコモ)の大きな原因であると云われています。

高齢者に多い疾患ですので、要介護にならないためには、早めに治療を開始することが重要です。

また、日頃からストレッチ、関節の曲げ伸ばし、ラジオ体操、ロコモ体操、散歩、水中ウォーキングなどで、自分の体調にあわせて体を動かすようにすることが重要です。