体重を減らすのは脊柱管狭窄症にとって良いこと

体重を減らすのは脊柱管狭窄症にとって良いこと

体重が大きすぎると、特に上半身の体重が大きくなると、腰に負担がかかってきます。しかし腰の筋肉を含めて、しっかりと下半身が鍛えられていれば、その負担にも耐えられるようになります。脊柱管狭窄症では体重の増加が原因になってしまうこともあります。

体重が大きくなってきてしまい、脊柱に加わる負担が大きくなってしまうと言えるでしょう。このような時に体重が多いというのも問題ですが、上半身と下半身の重さのバランスが悪いというのも問題になってくることがあります。上半身の重さが筋肉ではないものが影響しているということでも大きな問題になってきてしまうこともあります。

そのような意味では体重を減らすというよりも余分な重さを持たないようにしていくということのほうが適切な表現になっていると言えます。余分な脂肪を落としていくということもそうですが、筋肉をつけていくということでもしっかりと対応することができるでしょう。体重が重いよりは軽い方が腰にとっての負担は軽くなっていきますが、筋肉が減っていることで軽くなってしまうと、今度は腰の強度がもろくなってしまうことになるので、やはり過度なダイエットはあまり良くないことになると言えます。