腰部脊柱管狭窄症、運動療法

腰部脊柱管狭窄症、運動療法

腰部脊柱管狭窄症は加齢による事が多く、脊柱管が狭窄してくると、特に下肢や腰の衰えが早くなってきます。
また、神経を圧迫する為に、腰や足、坐骨部分に痛みや痺れなど不快な症状が現れます。

腰部脊柱管狭窄症の主な症状は痛みなのですが、痛いからといって動かないというのは逆効果なのです。
ストレッチなどを取り入れた運動療法は、無理のない範囲で行えばとても効果的です。

老化により、脊柱管を支えている筋力が低下することが腰部脊柱管狭窄症の原因のひとつであれば、その筋力をアップすることによって、痛みや痺れなどの症状も緩和されるという事になります。

運動療法によって、体幹の筋力アップを図り、腰椎を安定させる事、また、筋肉の柔軟性を養い姿勢を改善をすることなどは、症状の悪化を予防し、また再発防止の効果もあります。

腰部脊柱管狭窄症の患者さんは高齢者が多い事から、なるべく体に負担のかからない方法での運動が望ましい事から、簡単なストレッチ運動を勧められます。

ストレッチ運動で筋肉や筋を伸ばし、柔軟性を高めます。
骨盤周辺の柔軟性を高める事により、血流アップや痛みが緩和される効果があります。

腰部脊柱管狭窄症は体を後屈すると痛みが増し、前屈で痛みが緩和されるので、前傾姿勢で行える運動をすることになります。

更に、可能であれば、腹筋と背筋を鍛えるようにします。
腹筋や背筋を鍛える場合、筋肉の反応を良くし、腰に負担をかけないで行えるバランスボールやバランスボードなどを使用するといいでしょう。
また、効率の良い筋肉の使い方を身につける事が出来る為、腰の安定性を高める事が出来るのです。

運動療法には色々な方法があります。
患者さんの状態もそれぞれ違いますので、自己流では行わないように、医師や理学療法士の指導の下に行うようにしましょう。