腰部脊柱管狭窄症の手術に対する理解

腰部脊柱管狭窄症の手術に対する理解

腰部脊柱管狭窄症の手術には色々な方法があります。
背骨の手術となると危険なことのように想像するのですが、どの方法でもさほど危険というわけではありません。
しかし、リスクが全くないというわけではなく、また、手術をしたからといって完治とまではいかないのが現状です。

【身体への負担】

腰部脊柱管狭窄症の手術は背骨の切開で危険性が高く、退院後は一生車椅子の生活になるのではと心配することがあるのですが、現代の医療技術ではそのようなことは殆ど無いと考えていいでしょう。

また腰椎の手術は消化器系の手術をすることに比べますと、身体への負担は比較的低いといえます。

症状によっては適用外となる事もありますが、現在では、身体に負担の少ない内視鏡手術も盛んに行なわれるようになってきました。

【危険性の理解】

脊柱管狭窄症への手術療法は、基本的には圧迫されている神経や血管への除圧を行うという考えになります。

手術を受ける本人の状態が重要で、勿論手術前には、十分な検査などを行いますが、腰部脊柱管狭窄症の手術が100%安全かというとそうも言えないのです。
手術後、軽いものから重いものまで神経系の障害が現れるケースもあるという事は理解しておく必要があります。

また、患者には高齢者が多く、病変部が広く複数の除圧個所が必要になることもあり、麻酔や手術侵襲の影響も大きくなる事も考えられます。
患者さんの全身の状態や、内科的な問題などを抱えていた場合には合併症が起こり易い可能性も否定できません。

ただ、何の手術においてもそうですが、担当医師を信頼すると共に、手術をすることで何が改善され、また、どのようなリスクがあるのか、について、ドクターの説明を深く理解し、検討することが必要です。

【限界】

腰部脊柱管狭窄症の手術をしても、症状の改善がはっきりと表れるもの、そうでないものとがあります。

歩くときや立ったときの姿勢で生じる坐骨神経痛の痛みは、比較的改善されやすい症状です。ただし痺れ感はなかなか改善しにくく、手術をしても残ることがよくあります。

また当然のことながら、腰部脊柱管狭窄症の痛みの原因である神経の圧迫以外の症状については改善しません。
例えば腰痛や肩こりなどは、腰部脊柱管狭窄症が原因で発症しているのならば改善される可能性はありますが、腰痛や肩こりは殆どの場合で他の原因で起こる事が多く、そのような場合は改善する可能性は低いといえます。

患者は痛みから脱したい為に大きな期待を持って手術に臨みがちです。
しかし、改善する範囲は病状によって多岐に渡り、勝手に自分で思い込んでしまうと、予想した通りの結果が出なかった場合に大きな落胆となってしまいます。

手術前にドクターには必ず手術のリスクと共に改善が期待できる症状はどのようなものかをきちんと説明してもらい、納得することが重要です。