脊柱管狭窄症とサプリメント

脊柱管狭窄症とサプリメント

脊柱管狭窄症は、脊髄神経が通る管、脊柱管が加齢などで狭くなっておこる疾患です。
脊柱管狭窄症の治療に栄養補給が欠かせない事は云うまでもありません。

その為、サプリメントを用いる方も多くいらっしゃると思いますが、サプリメントで脊柱管狭窄症の完治には至りません。

サプリメントは、あくまでも現状の身体状況を維持するためのものであると認識しておく必要があります。
今以上の症状を悪化さないために、サプリメントを補給し続けることは大切であると考える方が良いでしょう。

脊柱管狭窄症のように、骨を形成するために多くの力が必要になる場合、食事で全て必要な栄養素を摂取できない事があります。
また、食事からなかなか摂取できない栄養分もあります。
「不足がちな栄養素をサプリメントで補助する」という意味ではとても大切な事だと云えます。

中高年になると、骨に必要なカルシュウムも不足し骨粗しょう症の原因にもなってきます。
また、血管の老化などから血流も悪くなることもあり、筋肉を正常な状態で保てなくなってきます。

骨形成に欠かせないビタミンDや、関節軟骨、結合組織の構成成分であるコンドロイチン、コラーゲン、筋肉をつくるプロテインなどを、サプリメントで定期的に摂取することが効果的と考えられます。

また、疲労物質を分解するビタミンB1や末梢神経の傷を回復させる効果のあるビタミンB12などのビタミンB群、血行を改善するビタミンE、イチョウ葉エキスやカプサイシン、そして弛緩作用があるマグネシウムなどを含んだサプリメントも有効でしょう。

ただし、サプリメントで栄養補給をしているからそれで安心というわけではなく、補給したら、それらを栄養として効果的に取り込むためにも、全身運動を行うことも大事です。

陸上・水中でのウォーキングは全身運動であり、適当に汗をかきほどよい疲れを感じ、筋肉の鍛錬としても効果的です。

運動もサプリメントも一時的では効果はありません。継続が大切です。
メインの食事をきちんと摂りながら、自然な食事で必要な栄養素を補給出来ることが一番良いことであり、サプリメントはあくまでも補助的なものであるという事は忘れてはいけないと思います。

また、サプリメントは必要以上に多く使用すると、かえって体調を崩す事があります。
必ずその製品の定められた、用法・用量を守って下さい。