下肢痛を発症する疾患

下肢痛を発症する疾患

下肢の痛みの原因は、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎すべり症など、閉塞性動脈硬化症、バージャー病、下肢静脈瘤、末梢神経障害、複合性局所疼痛症候群などがあります。

腰椎疾患に関連しての下肢痛は、いわゆる坐骨神経痛の症状で、神経が椎骨や椎間板に圧迫されて、下肢や臀部に放散するしびれや痛みが生じます。
代表的な疾患に、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症があります。

歩行中に下肢痛を感じる場合は、腰椎疾患である脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニアなどの可能性が高く、整形外科医での診断となります。

一方、就寝中など動かないでいる時にも下肢に痛みがあるときは、骨や神経の腫瘍の可能性があります。
この場合は、整形外科医ではなく、脊椎・脊髄病の専門医で見てもらうようにした方が良いでしょう。

いずれの場合も、放置しているとますます悪化して、治療に時間がかかってしまいます。
早急に医師の診断を受けて、原因を確定し適切な治療を受けることが重要です。

特に、脊柱管狭窄症の場合、神経障害で起こる、歩行困難、排尿、排便困難になれば、手術が不可避となるため、一刻も早く専門医の診断を受けて、適切な治療を行う必要があります。
我慢できる範囲の痛みであっても、重大な病気が隠れている場合があります。早めの受診が大切です。

血管障害由来の「閉塞性動脈硬化症」においても手遅れになると足の切断という重大な決心をしなければならなくなります。

何の病気でもいえることですが、おかしいと思ったら、早めに医師の診断を仰ぎましょう。