腰部脊柱管狭窄症、保存療法

腰部脊柱管狭窄症、保存療法

腰部脊柱管狭窄症と診断された場合、殆どの場合で手術は行わず、保存療法で治療をします。

保存療法で改善がみられず、排泄障害や歩行障害などで日常の生活が困難になってきた場合に手術が検討されます。

多くの場合には加齢による骨の変性が原因となっています。
X線検査、CT検査、MRI検査などの映像で腰部脊柱管狭窄症と診断されます。

稀に生まれつき脊柱管が狭く、狭いまま成長すると、年齢が若いうちに発症するケースがあり、この場合は手術に至る事がありますが。

腰部脊柱管狭窄症の場合、多くのケースが保存療法で治療を進めて行きます。

・薬物治療・・・内服薬や塗り薬、張り薬など
・理学療法・・・マッサージやホットパック、ストレッチ、体操、コルセット装着など
・神経ブロック

などの治療方法があります。

まず薬物療法から始められ、つらい痛みの症状を薬などで緩和していきます。
痛みが出る原因は、狭窄によって脊柱管内の神経が圧迫され、神経の周りの血液の循環が悪くなり、痛みとなって現れることです。

鎮痛剤や血行の改善をする薬を服用して、まずは痛みを和らげて行きますが、薬物治療には副作用というリスクが伴いますので、必ず医師が指導した用法・用量を守って服用して下さい。
早く痛みがなくなれば・・・と思って過剰に服用してはいけません。

痛みが軽くなると、運動やストレッチなどの理学療法で治療が進められるようになります。

痛いからといって動かさないままいると、かえって症状が悪化してしまうのが腰部脊柱管狭窄症の特徴です。

痛みが軽くなったら、身体の前屈運動を心がけ、腹筋と背筋を鍛え背骨が曲がって神経を圧迫しないようにします。

運動療法はリスクが少なく、症状の改善に一番効果の高い治療法だと言われています。
しかし、運動を行う場合には必ず医師や理学療法士の指導に従って行なうようにして下さい。

自己判断で適当に運動をしてしまうと、かえって症状の悪化を招くことがあります。