脊柱管狭窄症、自己診断の危険性

脊柱管狭窄症、自己診断の危険性

高齢が要因で患者数が増加している疾患は数多くあります。
整形外科疾患の中で、近年、手術数が圧倒的に増えているのが「腰部脊柱管狭窄症」もその一つです。

この疾患は加齢による腰椎や、周囲の靭帯の変性、また、腰椎分離・すべり症などで脊椎がずれた状態になり、背骨にある神経の通り道である「脊柱管」が圧迫され、狭くなって神経に影響を及ぼす疾患で、原因や症状によって次の3タイプに分けられます。

「馬尾型」

腰部脊柱管の中央を通る馬尾神経(ばびしんけい)が圧迫されることで発症し、神経根型より重い症状が出ます。
両脚のしびれや麻痺が広範囲に及び、下肢の脱力感も現れます。

馬尾は膀胱や直腸の働きにも関係のある神経なので排尿・排便異常が現れたり、会陰部のほてりや異常感覚、男性では異常な勃起が起こることがあるのです。
馬尾型は、変性すべり症があると起こりやすいことがわかっています

「神経根型」

腰を反らせた時に症状がひどくなり、前屈した姿勢では症状が楽になります。
腰部脊椎症や脊椎分離すべり症があると、起こりやすいといわれています。
脊柱管の左右を走る神経根が圧迫されることで発症し、腰から足先にかけて激痛やしびれが走る、強い坐骨神経痛様症状が起きます。

「混合型」

馬尾型と神経根型が同時に起きるタイプ。症状もまじり合っています。

この3タイプに共通している症状が「間歇性跛行」で、しばらく歩くと下肢に痛みやしびれが生じ歩けなくなります。しかし、少ししゃがんで休むとまた歩けるようになります。症状が進行するとともに歩ける距離が、徐々に短くなっていきます。

この疾患は高齢者に多く、このような症状が出ると整形外科を受診する前に周囲の人々からの情報によって、患者自身が勝手に病名を決めてしまう事が多いのです。

挙句の果てには “年だからしょうがない”などといって整形外科を受診しないでいることが多くなるのです。

この為、症状が進み手術しか治療の方法がなくなるといった状況になってしまうのです。

間歇性跛行は腰部脊柱管狭窄症だけではなく、「下肢閉塞性動脈硬化症」でも特徴的な症状として現れます。

下肢閉塞性動脈硬化症とは、下肢の血流が動脈硬化によって悪化し、下肢にさまざまな症状を引き起こすのですが、進行すると足の潰瘍や壊疽を起こし、足を切断することにもなります。

このように間歇性跛行は、進行すると取り返しがつかない状態になる事がありますので、勝手な思い込みで診断を受けないまま過ごす事の無いようにしなければなりません。

症状に気付いたら、まずは受診してしっかりと診察を受けましょう。