原因「黄色靱帯骨化症」

原因「黄色靱帯骨化症」

背骨は幾つもの椎骨が重なって出来ており、それを筋肉や靱帯で補強しています。
黄色靱帯はそのうちの一つ、脊柱管内の棘突起側の靭帯で、背骨の後ろの方で上下の椎骨をつないでいます。

働きとしては背骨が過度に前屈しないように抑える役割があり、色が黄色なことからこのような名前になっています。

この靱帯が硬く骨化してしまうことがあり、これを黄色靱帯骨化症といいます。
黄色靱帯が骨化しますと厚みを帯び脊髄が通っている脊柱管を狭くしてしまうために、神経を圧迫し、足が痺れたり背中が痛くなったりという症状が出現してくるようになります。

胸椎の下位に起こりやすくなっています。これは、胸椎と腰椎の連結するところに負担がかかりすぎるためとされています。 

後縦靭帯骨化症と合併しやすく、なぜ骨化するかの病因ははっきりしていません。
この病気は難病指定されていて、治療費は公費対象となります。

【症状】

症状は下肢の脱力やしびれ、痛み、腰背部痛、100メートルほど歩くと休まないと歩けないなど、腰部脊柱管狭窄症と同様の間歇性跛行症状が現れます。発生の数では腰部脊柱管狭窄症のほうが多いです。

全く症状を起こさない方もいます。また徐々に下肢症状が悪化する方います。

症状が軽い場合は消炎鎮痛剤などで保存療法が行われますが、転倒などでも脊髄を損傷しやすい状況になっていますので注意が必要です。

神経症状が強い場合は重症で歩行困難となり、日常生活に障害を来す状態になり、手術が検討されます。

【治療】

神経が圧迫されて症状が出現した場合に治療の対象になります。
この病気の経過には様々なものがあり、病気の進行が正確には予測できないことから、まずは慎重な経過観察を行います。

安静にして消炎鎮痛剤、ビタミンB剤や筋弛緩剤の内服を行います。種々の治療法を組み合わせて経過を見ますが、神経症状の強い場合は手術を行います。この場合、骨化巣を切除して神経の圧迫を取ります。