脊柱管狭窄症と遺伝の関係性

脊柱管狭窄症と遺伝の関係性

脊柱管狭窄症の症状を抱えている人は意外と多くいて、身近な人でも脊柱管狭窄症になっているということはあります。そのようなことがあると自分には脊柱管狭窄症と関係のある遺伝的な要因があるのではと考えてしまうこともあるかもしれません。しかし脊柱管狭窄症と遺伝的な要素はあまり関係がないとされています。

生まれつき脊柱管が狭くなっている人もいますが、それが遺伝してしまうということは考えにくいことになります。身近に脊柱管狭窄症の人がたくさんいることで心配をしてしまう人もいるかもしれませんが、それだけどんな人にも起こってしまう症状であり、遺伝的な要素を抜きにしても、自分自身が脊柱管狭窄症になってしまう可能性というのは十分にあると言えます。特に高齢になってくることによってそのリスクは高まってくることでしょう。

若い頃に無理をするなということは不可能に近いものがありますが、年齢を重ねていくに当たって健康のことや体のことはしっかりと考えておいた方が良いでしょう。若い頃のままの意識でいると思わぬ時に体に故障してしまう部分が出てきてしまうものです。そうなってからよりもそうなる前から注意をしておいた方がメリットは多くあると言えるでしょう。

脊柱管狭窄症は健康や体に自信がある人でも症状を抱えてしまう可能性が高く、場合によって体を鍛えていた人ほど、無理が体に溜まっていて脊柱管狭窄症になってしまうこともあります。ただ、そのような場合運動が良くなかったということもありますが、無理な運動をし続けてしまっていたということが強く影響していると言えます。若い頃では無理な運動でも体が耐えることができるのですが、当然年を取ってくるとそれが耐えられなくなってきます。若い頃のままでいると体を痛めてしまうリスクが高くなるというのはこのようなことが大きく関係していると言えます。

遺伝的な要素はありませんが、身近な人で脊柱管狭窄症の人が多い場合注意は必要です。周囲の人と同じような環境で同じような過ごし方をしてきた場合、当然自分自身脊柱管狭窄症のリスクが高くなっていることも考えられます。そのような状況の中で何も注意をしなかったら将来的に脊柱管狭窄症の症状を抱えてしまうこともあると言えるでしょう。

生活習慣などを見直してみると良いかもしれません。体の不具合があるかどうかなどもチェックしておきたいところでしょう。気になった時に確認することができないと日常的に見ていくのは難しくなります。