高齢者が注意しなければいけないのは脊柱管狭窄症と圧迫骨折

高齢者が注意しなければいけないのは脊柱管狭窄症と圧迫骨折

高齢者は体の機能が低下しやすくなる状態であり、体の機能が低下していくことが自然な状態になっていくと言えます。当然中には努力をして若々しい体を保とうとしている人もいますが、変な言い方をしてしまうとそれは自然の摂理に逆らっていることになると言えます。当然逆らっているからと言って悪いことではなく、むしろ体の機能を十分に引き出そうと努力をしているので非常に良いことになると言えるでしょう。しかし体の機能が弱ってしまうからと言って自信をなくしてしまう必要はありません。機能を保持することは非常に大変であり一人で行うことができればそれは立派なことになると言えます。

体の機能が下がってきている時に、注意しておきたいものとしては脊柱狭窄症と圧迫骨折があります。圧迫骨折や腰椎部分で行なってくることが多く、それが原因で腰痛になってしまう事も当然あります。腰痛を圧迫骨折で抱えてしまっても、単なる腰痛と思ってしまうことが多く意外と放置されている事もあります。

高齢者の骨はもろくなってくると意外なことで骨折をしてしまうこともあります。一般的にはくしゃみなんかで骨が折れてしまうこともあると言えるでしょう。これは骨が弱くなっているということも影響していますが、くしゃみが体に与える負担が意外に大きいということを示してくれています。くしゃみをする時には若い人でも油断していると腰を痛めてしまう危険性があるので隠れた注意事項と言えるでしょう。

腰椎圧迫骨折をしてしまうのと同時に脊柱管狭窄症にも注意が必要となります。脊柱管狭窄症も圧迫骨折と同じように、気付けないままでいることがあると言えるでしょう。骨折などをしていない分、より気付きにくいということができるかもしれません。脊柱管が競作してきていたとしても、神経を圧迫することがなければ当然症状が出てくることはないでしょう。何か違和感を感じたり、何も感じなかったりすることが交互に来る事もあります。

早めに気付けることで腰椎圧迫骨折も脊柱管狭窄症もしっかりと対処をしていくことができるでしょう。高齢者になってからは特に注意をしておきたい症状となってきます。症状を見つけることができたら、それはある意味では幸運であったということができ、早期発見になっている可能性もあります。症状から目を反らしてしまうのはあまり良くないことです。目を逸らさずにしっかりと症状を知ることができると意外にもしっかりと治療することができるということがわかる事もあります。