脊柱管狭窄症:間欠跛行

脊柱管狭窄症:間欠跛行

脊柱管狭窄症とは加齢(老化現象)などで背骨が変形し、狭くなった脊柱管の中で
神経が圧迫され神経の栄養動脈がスムーズに流れないため足や腰の痺れや痛みが
ある病気です。

症状として挙げられる三大兆候は腰痛、下肢(脚部)痛、そして間欠跛行です。
そのうちの一つ「間欠跛行」は聞きなれない言葉ですが、辞書でひくと「間欠」とは『一定の時間を隔てて起こること。止んで、また起こること』であり、「跛行」は『片方の足がそろわない状態で進む』とあります。

歩き出して暫くすると太ももや膝から下にしびれや痛み、突っ張り感を感じ、徐々に歩き辛くなります。しゃがんだり、前屈みになって少し休むと脊柱管の中を通っている神経への圧迫感が軽減され血流もよくなるので痛みが和らぎ、またまた歩けるようになります。
この繰り返しの状態が「間欠跛行」です。

多くは神経根の障害で右脚、左脚のどちらか片方に症状が出ますが、馬尾神経の障害では
両脚に生ずることもあります。

治療としては手術療法のほか、動ける範囲でなるべく動く(ウォーキング、プール内歩行
など)運動療法や、(温熱療法、電気療法、腰椎牽引など)物理療法があります。
医師と相談の上、自分の合った治療法を選択することが望ましいと思います。

以上のような保存療法で良くならない場合、酷くなって日常生活が困難な場合には、手術での治療が検討されます。