脊椎管狭窄症の本当の原因

脊椎管狭窄症の本当の原因

脊椎管狭窄症の原因で、先天性や発育過程における狭窄もありますが、これは非常にまれなケースといえます。
一般的にいわれているもので、後天性の狭窄がありますが、圧倒的にこの後天性の場合が多いのが事実です。

また、変性辷り症や分離辷り症などで辷った椎骨が脊柱管を狭窄する場合もあります。
さらに、先天性、発育性、変性、ヘルニアなどが合併している場合は、混合症の脊柱管狭窄症となります。

過去に受けた腰椎への手術などにより狭窄したものが医原性の脊椎管狭窄症で、これは脊椎の手術後に見られます。
また、外傷性や、その他の骨格病変も、よく一般的に言われる脊椎管狭窄症の原因です。

しかし、脊椎管狭窄症は骨の病気ではないのです。
骨格系の変化があっても、痛みを訴えない人は数多く存在します。

脊椎管狭窄症の本当の原因は、運動不足による筋肉の衰えであり、脊椎管を支えている筋肉を使わないための機能衰退なのです。

また、他の原因として、血流障害があります。
血流障害が起きると筋肉が硬直し、機能不全に陥り、痛みを発症します
つまり、筋肉を柔らかい状態に保っていれば、このような痛みはでることはありません。

ただ、「痛みは悪いものではない」のです。
体調が悪くなったときには改善のために、特に悪い部位へとたくさんの血液を流そうとする働きがあり、その為に痛みが発生します。

「プロスタグランジン」といわれるホルモンのような「発痛物質」が分泌されたときに、痛みが発生するといわれており、「プロスタグランジン」は、体の回復や組織の修復のプロセスにおいて分泌される、非常に重要な物質なのです。

体が回復(治癒)しようとしていることを知らせるために、「痛み」が出ていると考えることもできます。