活動の中でもしっかりとした制限が必要

活動の中でもしっかりとした制限が必要

脊柱管狭窄症は症状が出てきてしまうことで、活動に制限が出てくることもあります。活動の制限というのは激しい運動をしてはいけないというものであったり、体に大きな衝撃がくわえられる運動をしてはいけないというものです。高齢の場合このようなことに注意するのは比較的簡単と言うことができます。高齢になって激しい運動を長時間するということや体に非常に大きな衝撃が加わるということはそれほど多くないと言えるでしょう。

しかし若い人になってくると話しは別です。無茶をしてしまったり、あるいは自分の限界を知らないで行動をしてしまうことも多くあります。しかしそれがときに大きな技術の進歩に近づいたり、あるいは新しい能力の発見や新しいことにチャレンジするきっかけになっていくこともあります。そのため無茶はしてはいけないが、若い頃の無茶は仕方がないというような見方もされると言えるでしょう。

当然無茶をした後にはしっかりと休んで体を休ませることが必要になります。発達性の脊柱管狭窄症であるとこのような無茶ができなくなってしまうと言えるでしょう。実際には行うことができるのかもしれませんが、行なった後の状態の悪化などを考えると非常に危険な行為になってしまうということになります。そのため医師などに禁止令を出されてしまうこともあると言えます。子どもの時、あるいは成長期に激しい運動をするのは誰でも通る道になると言えますが、脊柱管狭窄症の症状によっては、その道を通ることができずに、悔しい思いをしてしまう可能性もあると言えるでしょう。

脊柱管狭窄症という身体的な症状を抱えると同時に、行動の制限がされるという大きな束縛感を感じることになるので精神的な負担やストレスも大きなものになっていくことが考えられます。手術などによって改善をしていくこともできますが、手術などによる体への負担なども決して軽いものとは言えない場合もあると言えるでしょう。

それまで運動が出来てきたが、ある時に痛みなどによって運動ができなくなり、脊柱管狭窄症の症状が出てきてしまう時もあるようです。もともと脊柱管が狭いというのは身体的に見てかなり大きな影響力を持っていると言えるでしょう。脊髄神経を圧迫するというのはそれだけ大きなことであり、自分でもコントロールすることができない状態になるということになります。

症状が悪くならないように対策をしていくと共に治療を検討していくことが重要になります。