重症型の馬尾徴候

重症型の馬尾徴候

背骨には「脊柱管」と呼ばれる神経の通り道があります。
腰の脊柱管が、先天的、また加齢などによる変性などの後天的な原因で狭くなるものが「腰部脊柱管狭窄」です。

中高年に多く見られ、歩行すると両下肢のしびれが出て歩けなくなり、前かがみで小休止すると痛みが軽減して歩けるようになるものの、しばらく歩くとまたしびれるという間欠跛行や腰痛、下肢痛・しびれなどを起こす原因となります。

治療は先ずは保存療法で始められますが、改善が認められず、日常の生活が困難になった場合は手術が選択されます。

【重症例と認識される症状】

脊柱管が狭窄されて、馬尾神経が障害を受けることで重篤な症状を発症します。
専門的には「重症型の馬尾徴候」といいます。

・両脚のしびれや麻痺が広範囲に及び、下肢の脱力感も見られる
・馬尾神経は膀胱や直腸の働きにも関係しているため、残尿や頻尿・尿漏れ、便秘といった排尿・排便の異常が見られる
・会陰部のほてりや異常感覚、男性では異常な勃起が起こることがある
・間欠跛行で、歩ける距離が極端に短くなる

以上のように、背骨が原因の病気とは思えないような症状も現れてきます。

このような症状を伴うことは決して多くはないのですが、圧迫の強い状態が続き神経が悲鳴をあげているサインであり、基本的には保存療法では改善が望めない症状で、手術により改善を目指す事になります。

両足底の異常感覚・しびれも、重症型の馬尾徴候を示唆するものですが、残念ながら手術をしてもほとんどの症例で改善しません。
足底のしびれは基本的に治療が困難であることを理解しておく必要があります。

手術への期待を大きく抱いていると、術後に失望する事もありますので、手術を受ける場合には、医師とよく話し合ってどの程度の回復が望めるものなのかを知っておく必要があります。

病気すべての事に共通する事ですが、腰部脊柱管狭窄症においても「早期発見・早期治療」が重要だという事になります。