間欠性跛行を生じる主な二つの要因

脊柱管狭窄症のココが知りたかった!「脊柱管狭窄症now」のバナー

間欠性跛行を生じる主な二つの要因

間欠性跛行を生じる主な二つの要因のイメージ

歩行障害は、脳梗塞の後遺症や、下肢の病気などさまざまな原因で発生しますが、腰部脊柱管狭窄症や腰椎すべり症が原因で起こる歩行障害には「間欠性跛行」があります。

通常、椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛は腰を前屈させることによって坐骨神経が引っ張られ、症状が悪化する傾向があります。これに対して脊柱管狭窄症では、腰が後屈することで狭窄が悪化します。

間欠性跛行とは、5分~10分、歩いたりすると足に痛み、しびれ、脱力などが出現し、歩行を中断しなくてはならなくなります。
立ち止まってしばらくしゃがんで休むと再び歩行が可能になり、歩くとまた足が痛くなり歩けなくなってしまうという症状を繰り返します。

間欠性跛行の原因には2つあり、ひとつが神経の問題である腰部脊柱管狭窄症、もうひとつが血流の問題で閉塞性動脈硬化症です。

【神経の問題】

腰部脊柱管狭窄症が代表的な疾患です。
先天的に脊柱管が狭いまま成長する場合もありますが、殆どの場合で加齢に伴い、椎間関節や黄色靭帯の変性による肥厚や椎間板の脱出により、脊柱管が狭くなります。

その為馬尾神経が圧迫されるようになり、腰痛や下肢痛、痺れが生じます。
身体を前傾させると、狭くなった脊柱管は少し広がるため、しゃがみこんだり椅子に座ったりして休むと症状が軽くなります。
また、自転車の乗ると前かがみの姿勢になるので、痛みは緩和されそれほど苦になりません。

【血流の問題】

血流の問題で間欠性跛行(血管性跛行)を起こすのが閉塞性動脈硬化症です。
動脈硬化が原因で足の血行が悪くなり、急激な運動や連続歩行の直後などにしびれ、冷感がみられます。

歩行時は安静時より大量の血流を必要としますから、安静時にはかろうじて血流が保たれていますが、歩行時には足へ十分な血液(酸素)が供給できなくなって起こる症状です

したがって、腰部脊柱管狭窄症のように、休む姿勢にはあまり関係なく、安静にしていれば症状は治まります。

また、自転車による移動では、安静時より多くの酸素が必要となりますので、腰部脊柱管狭窄症とは違って、症状が悪くなります。

病院では症状をはっきりと申告して、どちらのパターンの間欠性跛行であるかをしっかりと鑑別してもらわなければなりません。
   

あわせてよみたい脊柱管狭窄症の知識

脊柱管狭窄症のシビレがすぐ消えて、間欠跛行でも歩ける距離が延びる方法とは?

まっすぐな姿勢のつもりでも

重症型の馬尾徴候

PageTop




HOME - ストレッチ,体操 - 原因 - 治療,治療法,改善 - 病院,名医,手術 - 症状 - 総合情報 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ