腰部脊柱管狭窄症用のコルセット

腰部脊柱管狭窄症用のコルセット

腰部脊柱管狭窄症とは、脊髄神経の通り道である脊柱管が何らかの要因で狭くなり、それによって神経が圧迫され、痛みや痺れといった症状を起こす病気です。

痛みや痺れは腰から足、坐骨などにかけて現れ、重症の場合は歩行困難や排泄障害などにまで至る事があります。

重症の場合を除いて、保存治療が行われますが、保存治療法の1つに装具療法があり、これは、腰部脊柱管狭窄症の患者の為に作られた、特殊なコルセットを腰に装着する治療法です。

腰部脊柱管狭窄症用のコルセットは、他の軟性のコルセットと少し違い、やや前屈みの姿勢になるように腰を固定します。

これは体を前傾することによって脊柱管が広がり、圧迫が弱まり痛みが緩和されるからです。

腰部脊柱管狭窄症用のコルセットは、装着時に多少違和感があり長時間装着して過ごすにはあまり快適でないようです。

それに比べると軟性コルセットは装着時に違和感が無く快適に過ごせるコルセットで、この軟性コルセットを装着する方も多いようです。

しかし、軟性コルセットは腰痛等の痛みの緩和には適していますが、歩いていると痛みや痺れの症状がでる腰部脊柱管狭窄症には適していません。

腰部脊柱管狭窄症の症状が出るのは、脊柱管を支えている筋力の低下も原因のひとつで、その脊柱管を支えている筋肉を補助する為にコルセットなど装具をつけて固定し、症状を和らげます。

しっかりと脊柱管を支える効果をあげる為には、多少不快感があっても腰部脊柱管狭窄症用の装具を装着する方が効果的なのです。

 しかし、装着時は腰の痛みは緩和されても、装着そのものに不快感があり、日常生活においてストレスを感じる事がデメリットのようです。

また、長時間装着したままの生活をしていると、腹筋と背筋の筋力が低下してしまいます。
そうなると、コルセットが手放せなくなり、またまた筋力の低下を招くといった悪循環に陥ってしまいます。
主治医と相談して、コルセットを装着する時間などを調節しながら、治療を進めて行きましょう。

装具療法と並行して、無理の無い程度にストレッチなどを行い、筋力アップに努めて下さい。