腰部脊柱管狭窄症の牽引療法

腰部脊柱管狭窄症の牽引療法

腰部脊柱管狭窄症の治療の基本は保存療法です。
また、鎮痛剤では効果が無い場合、理学療法を用いることにより、腰部脊柱管狭窄症の痛みが無くなったという患者さんも多いようです。

理学療法の代表的な方法として、牽引があります。
この牽引は、臀部を外部の力で引き上げ、腸腰筋、腰腹筋などの緊張を緩和して腰椎屈曲を正常にするために用いられます。

通院で行う電動 式の物を間欠牽引といい、入院で行う場合には持続牽引が採用されます。

牽引することにより、神経の前方に位置する後縦靱帯とその後方にある黄色靭帯が引っ張られて伸びます。この靭帯が伸びることによって神経根への圧迫が軽減され、腰部の脊柱管が広がるという効果があります。

牽引を数回行ってこの状態を持続させることにより、狭窄が緩和されますので、腰部脊柱管の血行も良くなってきます。

しかし、効果が実感できない事も多くあるようで、かえって腰痛や下肢痛を悪化させる場合もありますので、状態を見ながら慎重に行なわなければなりません。