腰部脊柱管狭窄症を保存療法で治療

腰部脊柱管狭窄症を保存療法で治療

腰部脊柱管狭窄症は高齢者に多くみられる疾患ですが、排尿排便障害や歩行困難など重症ではない場合は手術をしないで保存療法で治療をします。

腰部脊柱管狭窄症はX線検査、CT検査、MRI検査で診断されますが、発症の多くの原因は加齢によるものが殆どです。

生まれつき脊柱管が狭くて育った場合は、年齢が若いうちに発症するケースが多く、手術に至る事があります。

腰部脊柱管狭窄症の場合、多くのケースで保存療法から治療を進めていきます。
保存療法とは、内服薬や塗り薬、張り薬などの「薬物治療」、マッサージやホットパック、牽引、コルセットなどの「理学療法」、ストレッチや体操、などの「運動療法」などです。

また、以上の保存療法で痛みが改善されない場合には、患部に麻酔薬などを注射して、脳に送る痛みの信号を遮断する、「神経ブロック注射」をします。

痛いからといって動かさないでいると、余計に悪化してしまうのが腰部脊柱管狭窄症の特徴です。

神経が圧迫されている事で、神経の周りの血液の循環が悪くなり、痛みとなって現れているのですから、まずは血流を改善して痛みを緩和するための薬を服用します。

しかし、薬には副作用というリスクがありますので、必ず医師の指導に従って用法・用量を守って服用しなければなりません。

痛みが軽くなると、理学療法や運動での治療が始められます。
前屈みの姿勢でいると脊柱管が広がりますので痛みが和らぎます。

しかし、背骨が曲がってしまうと神経を圧迫しますので、腹筋と背筋を鍛えます。
運動療法はリスクが少なく、症状の改善に一番効果の高い治療法だといわれています。

神経を圧迫している箇所や症状、痛みの度合いはかんじゃによってちがってきますので、保存療法で治療を進める場合は、医師の指導のもと適切な方法で行うようにして下さい。