腰部脊柱管狭窄症のリハビリ

腰部脊柱管狭窄症のリハビリ

腰部脊柱管狭窄症とは、腰部の脊柱管が狭くなり神経を圧迫し、痛みや痺れなどの症状が現れる病気です。
腰部脊柱管狭窄症の原因は、先天性の場合もありますが、多くは加齢によって発症する場合が多く、筋力の低下も原因となります。

腰部脊柱管狭窄症を悪化させない為にも、適度な運動が必要となります。
痛みがあるとついつい体を動かさなくなってしまいますが、それでは脊柱管を支えている筋肉が衰え症状が余計に悪化してしまいます。

まず、痛みを取り除くことが重要ですが、安静と薬の服用などで痛みが緩和したら、毎日の生活の中に適度な運動を取り入れ筋肉の衰えを防がなければなりません。
また、正しい姿勢に改善することもリハビリとして重要になります。

腰部脊柱管狭窄症の患者が、日常生活において最も大切な事は、腰を反らさない事です。
腰部脊柱管狭窄症は腰を反らすと痛みが増大してしまいますので、前屈みの体勢で過ごすようにします。
仰向けで寝る場合は、腰を反らさない様に膝の下にタオルや枕などを置くようにして下さい。

その他、肥満防止、重たい物を持たない、作業をする場合はなるべく椅子に座るようにするなど、日常生活でのちょっとした自己管理が、腰部脊柱管狭窄症の再発防止・リハビリとなります。

また、症状が軽い人、痛みがおさまってきた人はストレッチやウォーキング、体操などの運動がリハビリとして効果的です。

ストレッチは腹筋や背筋等を鍛え、腰椎の安定性を高める為、症状が緩和されます。
腰に負担をかけないために、バランスボールやバランスボードなどの使用がお勧めですが、医師や理学療法士の指導の下で正しく行う必要があります。

ウォーキングやラジオ体操などは、最も簡単でかつ効果的なリハビリとなります。
前屈みの体勢になるという点において、自転車での運動も、リハビリには有効的です。
痛みを緩和しながら、下半身の筋力を高める事が可能で症状の緩和に効果があります。
運動療法は継続して行う事が重要です。

腰を支えて前屈みの体勢に保つ、腰部脊柱管狭窄症専用に作られたコルセットを装着する方法もあり、リハビリに効果的なのすが、長時間装着していると腹筋や背筋の筋力が低下してしまうリスクがあります。

コルセットは症状が強い場合の補助として使用し、運動やストレッチで筋肉を鍛えて自然な自前のコルセットを身につける事ができれば、リハビリは順調です。