腰部脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニアの合併症

腰部脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニアの合併症

腰部脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニアが合併して起こる事があり、辛い坐骨神経痛の症状が現れてきます。

腰部脊柱管狭窄症の症状は、上体を後ろに反らすと腰や足に痛みが走ります。
逆に椎間板ヘルニアの場合は、上体を前屈すると痛みが走ります。

高齢者の多くにみられる骨粗鬆症は、さまざまな運動器の障害を引き起こします。
骨粗鬆症に罹患している高齢者は、腰部脊柱菅狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアなどの他の脊椎疾患を少なからず合併して発症していることが多いのです。

この二つの病気が合併して起きると、上体を反らしても前かがみになっても症状が出てしまい、臀部や下肢にキツイ痛みや痺れがあらわれてきます。

腰部の脊柱管が狭窄しているところに、腰椎椎間板ヘルニアを同時に発症してしまうと、飛び出したヘルニアと変形した脊柱管や厚くなった靱帯に挟まれて神経根が圧迫されます。

これは想像を絶するような痛みを伴い、寝る事も座る事も辛い状態で、通常の日常生活が送れなくなります。
また、歩行困難や排泄障害を起こす可能性があります。

長い時間、立ち続けることはもちろん、中腰の姿勢や後屈姿勢も、日常生活の中では避けるようにしなければなりません。

このように腰部脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニアを合併して発症している場合には、理学療法や薬物療法などの保存療法ではなかなか症状を改善する事が難しいので、早い段階で手術が検討されます。

手術は主に突出したヘルニアを取り除きます。
椎間板ヘルニアの痛みの症状がかなり改善され、前屈みの体勢になっても痛みが出なくなり、日常生活が送れる程度にまで改善されてきます。

しかし、合併症の再発防止や腰部脊柱管狭窄症の治療の為にも、医師の指示に従って治療を続けなければなりません。

治療法は、無理のない程度のストレッチや体操などで腰の筋肉を鍛える運動療法が有効です。
背骨を支える筋肉を鍛える事で、症状が改善される事が多く、ヘルニアの再発防止と脊柱管狭窄症の治療にとても効果的なものとなります。

薬物治療や物理治療は一時的に痛みを和らげる効果はありますが、持続性は期待できません。
痛みの出ない体に矯正するには、運動療法によって筋肉を強化することが必要で、無理のない範囲で継続して行う事がポイントです。