カルシトニンの効果とは

カルシトニンの効果とは

脊柱管狭窄症で利用される鎮痛剤の薬としてカルシトニンがあります。このカルシトニンは骨をしっかりとしたものにしていくのに重要な役割を持っていて、症状の緩和に一役買っている存在と言えるでしょう。鎮痛作用に対して大きな期待がされており、鎮痛薬として利用されることが多いです。またカルシトニンには骨をしっかりとしたものにする効果があり、骨の質量を大きくすることができるとされています。しかしこれは骨が健康的な状態であるからこそ効果を持ってくる作用とも言われており、骨が異常な時にこの効果が出ても、あまり実感することができないというように見られて時もあります。カルシトニンに関しては薬などで関わる事も多くなる場合もあるので、しっかりと医師から説明を受けておいて損はないと言えます。

カルシトニン以外の薬を利用する事もあるかもしれませんが、その時にも利用の仕方や採用の内容などを知っておくと良いでしょう。薬によっては作用が似ているようで似ていないようなものまであるので注意です。