手術に行くまでにあるさまざまな治療方法

手術に行くまでにあるさまざまな治療方法

脊柱管狭窄症になったからと言っていきなり手術になるわけではありません。手術をするのは本当に症状が酷くなってからであり、それまではあまり手術を進められることはないと言えるでしょう。しっかりとした治療を進めていくことになり、その結果あまりよくならず、手術ということになるので最終手段というように考える事もできます。手術に行くまでの手段として薬を利用することがありますが、その薬の中にはカルシトニン製剤というものがあります。鎮痛作用があるとして注目を浴び、脊柱管狭窄症の治療にも活用されています。劇的な痛みがあり、何もできないと言う場合には手術も考えられますが、薬によって一時的に痛みを抑えてその間に治療を進めていくという方法もあります。

どのような治療が良いのかはその時によって変ってきますが、薬による治療方法もしっかりと検討しておく必要はあると言えるでしょう。利用する時には薬の効果は是非知っておいてください。