脊柱管狭窄症とは

脊柱管狭窄症とは

腰脊柱(背骨)を構成している椎骨は、円柱状の椎体と後方に張り出した椎弓から構成されています。そして、椎骨が積み重なることでできる管状の空間が脊柱管です。

50歳過ぎた中高年男性に多い脊柱管狭窄症は、脊髄神経が走っている脊柱管の内面が、前からは椎間板・椎体後縁骨棘の突出、後ろからは黄色靭帯の肥厚、横からは椎間関節の棘で狭くなった状態を指します。

第1腰椎のあたりから下の脊柱管には「馬尾(ばび)」と呼ばれる神経の束が通っていて、馬尾から分かれた神経は脊柱管から出て足のほうに伸びています。

脊柱管が狭くなっているため、それらの神経が圧迫されることがあり、腰痛や歩行障害などを発症しますが、多くの場合で椎間板ヘルニアや、上下の背骨がずれる脊椎すべり症などが原因となっています。

脊柱管狭窄症は、圧迫される部位によって馬尾が圧迫される「馬尾型」、神経根が圧迫される「神経根型」、両方が圧迫される「混合型」に分類されています。

神経および神経周辺の血管も圧迫されるため、脊柱管内で上下の自由移動ができなくなり、数百m、酷い場合は数十m歩くと痛みやしびれで歩けなくなります。
しゃがんだり、前屈すると血管や神経の圧迫状態が開放されるため、再びしばし動けるようになります。これは、脊柱管狭窄症の特徴的な症状である間歇跛行です。

その他、この脊柱管狭窄症では、腰痛に加えて、下肢の痛みやしびれなど坐骨神経痛の症状が現れてきます。

腰を反らせた状態では脊柱管が狭くなるため痛みが強くなってしまいます。
逆に前かがみになると脊柱管が広くなるため、痛みが緩和されて楽になるのが特徴です。
神経の圧迫がきつくなると、排泄障害や感覚障害になる可能性もあります。

症状が軽い場合には保存療法で治療を行いますが、重症化してくると神経ブロック注射なども行われます。

それでも改善しない場合に手術となりますが、近年では体にあまり負担のかからない手術、「内視鏡下脊柱管拡大術(MEL)」が主流となっています。