高齢者に多い「脊柱管狭窄症」

高齢者に多い「脊柱管狭窄症」

ここ数年、有名タレントの腰痛などで最も注目を集めている腰部の疾患が、脊柱管狭窄症です。
この脊柱管狭窄症は、特に中高年の50代から増え始め、近年では腰痛の中で特に多くなってきています。

脊柱管狭窄症は、加齢による事が多く、椎間板や椎間関節、靭帯の変性、また椎骨がずれて起こる腰椎すべり症などが原因である事が多くなっています。

これら加齢症状などにより、脊髄神経の通り道である「脊柱管」が狭くなることで、神経を圧迫することから腰痛や歩行障害などが起こります。

従来、脊柱(背骨)を構成している椎骨は、円柱状の「椎体」と後方に張り出した「椎弓」から構成されています。

そして、椎骨が積み重なることでできる管状の空間を「脊柱管」といい、第一腰椎のあたりから下の脊柱管には「馬尾」と呼ばれる神経の束が通っていて、 この馬尾から分かれた神経は、脊柱管から出て脚のほうに伸びています

脊柱管狭窄症はこの脊柱管が狭くなる病気のことで、神経が圧迫されると腰痛や下肢の痺れと云った、いわゆる坐骨神経痛の症状が出てきます。

脊柱管狭窄症は、神経が圧迫されて症状が引き起こされますが、その圧迫される部位によって馬尾神経が圧迫される「馬尾型」、神経根が圧迫される「神経根型」、両方が圧迫される「混合型」に分かれます。

特徴的な症状は、前かがみになると痛みが軽減され、身体を後ろに反らすと痛みがきつくなります。

また、歩いているうちに足が痛くなり歩けなくなりますが、しばらくしゃがんで休むとまた歩けるようになるという、「間欠性跛行」の症状が特徴的です。

重症になると、馬尾神経が圧迫されることで排泄障害や感覚障害が起こることもまれにあります。
このような場合には手術が必要となる事もあり、早期の治療をお勧めします。