脊柱管狭窄症について

脊柱管狭窄症について

脊柱管狭窄は、横断面で三角形、又は三つ葉型になる脊柱管の先天性の狭窄を起こし易いという事もありますが、主に後天性の変形性脊椎症はじめ、脊椎すべり症、腰椎椎間板ヘルニア、さらには外傷、手術の後遺症などによって起こる事が多いとされています。

40歳以上の男性に多発し、男性患者数は女性の4倍となっていて、両側性で多椎間に起きることが多くなっています。

脊柱管を狭くしてしまう要因として、椎間板の変性に因るヘルニアの出現や、椎間板そのものが弾力性を失う事による高さの減少があります。

さらに、脊柱管の後方にあり、椎弓の間を結ぶ黄色靭帯が骨化(肥厚・短縮)する事や、腰椎すべり症が原因で脊柱管を狭くしてしまう事があります。
その他、脊髄神経の圧迫や、血流の悪さなども加わって腰痛が出現します。

脊柱管狭窄症の症状として、腰痛は約80%の患者に認められるもっともありふれた症状で、次いで下肢の痺れ感、冷感、疼痛、違和感などの知覚症状があらわれてきます。
知覚障害はL5(腰椎の5番目)やS1(仙骨の一番上の骨)領域に多くみられます。

椎間板ヘルニアの神経根症状である疼痛は、多くの場合でヘルニア脱出部の神経根に限られていて片側性であることが多いのですが、脊柱管狭窄症では2~3の神経根にかけて両側性に出現することがあります。

腰部脊柱管狭窄症における特徴的な歩行障害、間欠性跛行は50~60%の頻度でみられます。
この場合の間欠性跛行は神経が圧迫されることによって起こるものであり、姿勢を変えること、たとえば体を前にかがめる、しゃがみこむといったことで神経への圧迫が一時的にも解かれるため、症状が改善する点が特徴です。

下肢伸展挙上(SLR)テストは陰性のことが多く、膝蓋腱反射やアキレス腱反射は80%以上で消失します。

馬尾神経が圧迫された場合の症状としては、両下肢、殿部、会陰部に痺れがあり、また会陰部が火照ったような感じがする場合もあります。

下肢に筋力低下・脱力感があり、残尿感があり尿意をもよおす回数が極端に増え、尿失禁や便秘などの排泄障害が現れてきます。
男性の場合は勃起障害なども患者の30%程度にみられるといわれており、これは決して少ないものではないのです。

このように馬尾神経が障害を受けると、重症化する場合があり、手術の対象となる事が多いとされています。