脊柱管狭窄症の確認

脊柱管狭窄症の確認

脊柱管狭窄症になっているかどうかの確認を定期的にしておくことも大切です。一定の決まりきった項目をいつもするのではなく、ある程度日常的な動作をしていきながら見てくことが大切です。日常的な動作をしていくなかで不自然に感じてしまう部分が増えてきたり、または上手くいかないことが多くなってきたという場合には脊柱管狭窄症の可能性はあります。日常的な動作をチェック項目として利用することができれば、面倒くさいと感じずに常にチェックしていけることになります。また同時に動作自体を気にかけることになるので、無理な運動をしていくことも少なくなると言えるでしょう。

チェック表などを利用して、不自然な部分があった箇所について記録しておくこともオススメです。後になって見直してみて同じ部分に不自然と感じるものがあるようであれば一度検査してもらう必要があると言えるでしょう。自己管理をしっかりしていければそれはかなり大きな予防の力になります。