頑張り続けることでの腰痛

頑張り続けることでの腰痛

脊柱管狭窄症を患ってしまう人の中には頑張りすぎた結果腰を酷使してしまい、それが症状となって出てくる人もいます。せっかくここまで頑張ってきたのにと大きなショックを受けてしまう人もいるかもしれません。しかし腰の症状というのは本人の気持ちなどを考えて出てきてくれるわけではありません。頑張っている人でもいない人でも出てきてしまう可能性はあります。むしろ腰を酷使してしまう人ほど症状がでやすいということを考えるとその分頑張っている人の方が確立は上がってしまうのかもしれません。

しかしだからと言って何も希望がないわけではありません。頑張った結果腰痛になってしまった人はそこから復帰していこうという気持ちも強いものがあると言えるでしょう。頑張るための目標があることもあるので、復帰が早くなったり症状の改善が早く見られる事もあります。頑張りすぎはよくありませんが、回復に向けて前向きになるのは良いことになるでしょう。