脊柱管狭窄症を自己チェック

脊柱管狭窄症を自己チェック

最近では、有名なタレントさんが脊柱管狭窄症の為に手術をして、この病名が一躍クローズアップされるようになりました。

脊柱管狭窄症は加齢による脊椎や椎間板の変性が原因で、脊髄神経が通っている脊柱管が狭くなることで、神経を圧迫し痛みや痺れなどの症状を起こします。
高齢者に多い疾患です。

もしかして自分のこの症状は脊柱管狭窄症かもしれない・・・と思ったら、出ている症状に心当たりがないか、一度をチェックしてみるのもいい事です。

そもそも脊柱管狭窄症は、頚椎にも腰椎にも起こる可能性があります。
腰椎の場合でいうならば、狭窄の部位によっては、症状に違いが出る場合もあります。

脊柱管狭窄症の症状として、

・歩いていると下肢に痛みや張り、しびれが出て歩けなくなるが、しばらく休むとまた歩ける
・歩いていると足が前に出なくなる
・前かがみになると楽になる
・仰向けで寝るとしびれが出てくる
・腰を後ろへ反らすと痛みがキツクなる
・スリッパが脱げやすい、脚に力が入らない
・脱力感があり、とくに午後からひどくなる
・腰痛・臀部痛がきつい
・下肢にひきつれた感覚、チリチリ、ジリジリする不快感がある
・足の裏を触ると、痺れで触られている感覚がない
・肛門周囲のしびれ、排便、排尿のコントロール異常

などがあげられます。

高齢者で、このような自覚症状がある場合には、整形外科で相談して下さい。
特に、肛門周辺のしびれ、排便や排尿に障害をきたしたら、脊柱管狭窄症ではとても重篤な状態で、早急に専門家の診察を受ける必要があります。
医師は場合によっては、保存療法ではなく、すぐ手術を勧める場合もある状態です。

高齢者は、我慢したり、遠慮することが多く、手術という事態にならないよう、周囲にいる人たちも上記のようなチェックリストを参考に、気をつけてあげないといけません。