脊柱管狭窄症と診断された場合の治療

脊柱管狭窄症と診断された場合の治療

腰痛や坐骨神経痛で悩んでいるために病院に行くと、まずレントゲンを撮ります。

レントゲンだけでは判別しにくい病態、例えば椎間板ヘルニアなどの診断を決定づけるような場合や、手術をする場合などにMRIやCT検査が行われます。
医師は、これらの写真撮影の結果や、痛みの状況などからから判断して、原因を特定します。

脊柱管狭窄症と診断された場合の治療ですが、神経根が圧迫されるなど症状の軽い場合には、保存療法で改善を図りながら「姿勢の改善」や「ストレッチ」などの軽い運動をして、筋肉に力をつけるようにします。

保存療法とは、腰部脊柱管が狭窄してしまった患部を維持しながら外部から働きかける方法で、もちろん手術とは対照的な方法となります。

保存療法では、痛みを抑える為に「非ステロイド性消炎鎮痛薬」や「貼付薬」「塗り薬」などの薬を使います。

しかし、腰部脊柱管狭窄症の原因が神経周りの血流の悪さから来ていると判明したことから、初めに血流改善薬を投与する病院が多いようです。
プロスタグランジンE1製剤は、血管を拡張し、圧迫された神経の血流を改善する作用があり、間歇跛行など歩行障害に効果があります。

また、しびれがある場合には、傷ついた神経を治し安定させる作用があり、ビタミンB12が投与されます。これは副作用がないため安心して服用できます。
普段の食事にもビタミンB群の食品を積極的に取り入ると、より効果的です。

そして、理学療法では、血行を改善するためにホットパック(蓄熱財)による温熱療法、超音波療法、腰椎の牽引などが行われます。
腰部を安静させるために腰部コルセットを装着する場合もあります。

保存療法で期待した効果が得られない場合には、神経ブロック注射で痛みの伝達を遮断(ブロック)する方法を行います。
これは血流改善、炎症を鎮める為に「局所麻酔薬」を注射するものです。
あまり効果がないと、神経根に直接注射する「神経根ブロック」が行われます。

馬尾神経が障害を受けている場合には、排泄障害などの重い症状が現れます。そのような場合には、手術が検討されます。

脊柱管狭窄症の手術は、強い神経障害がある、保存療法をしばらく続けても効果がない場合に行われます。
手術は、脊柱管を広げることで神経への圧迫を取り除くことになりますが、除圧部位に支障をきたす場合、「固定術」も併用されます。